ウドズ・オイルができるまで

オイルには主に、温度によって2種類の圧搾法があります。
さらに溶媒を使うか使わないか…という選択肢があります。

ウドズ・オイルブレンドは溶媒を使わず、
低温圧搾法で製造されています。

菜種油の場合、製造方法による抽出率の違いとしては、 低温圧搾法 20〜30%、高温圧搾法 60〜70%、溶媒抽出法 99%と言われています。
効率よく絞れるのですが、高温にしてしまうと油の栄養分まで失ってしまうことになりますね。

低温圧搾法(コールドプレス法)

食用オイルの原料となる果実や種子(オリーブ、コーン、菜種、他)に、熱を加えずに、圧力をかけてオイルを搾り取る方法です。 そのまま圧力をかけて押しつぶして搾ったり、すり潰してから圧力をかけて搾ったりします。

短時間で一気に圧力をかけると、摩擦熱で高温になる場合があります。 本当の意味で「低温圧搾法」を謳うならば、ゆっくり時間をかけて圧力を加え、摩擦熱の発生を抑える工夫をし、最高でも60度を超えないように管理します。

低温圧搾法では、オイルを搾るのに時間がかかる上に、採油効率が悪く、搾りかすにオイル分が残ってしまいます。
しかし、果実や種子の栄養素やビタミンなどを壊さず搾ることができるため、出来上がったオイルは、果実や種子の風味があり、栄養価も高くなります。

ウドズオイルブレンドは、低温圧搾法で作られています。
しかし、単に「低温圧搾法で作ればいい」というだけではない、こだわりがあるのです。
低温圧搾とはいえ圧搾時に60度くらいまで上昇してしまう油温を、ウドズオイルブレンドはヒトの体温より低い35度以下におさえています。 そうすることで、種子や果実のフレッシュな栄養素を壊しません。

自宅でフレッシュ野菜ジュースを作る時に加熱する人がいないように、まるで「しぼりたての野菜ジュース」を作るような状態を保ちながら、オイルを丁寧に丁寧にしぼります。

それだけではありません。 ウドズオイルブレンドは、オイルを劣化させる「高温」だけでなく、「酸素」にふれること、「光」にさらされることからも、オイルを守っています。圧搾からボトル詰めまで、これらの要素をすべて排除しているのです。 理想の配合でブレンドされたオイルは、遮光ガラスボトルに詰められ、箱に入れられたのち、完全な温度管理のもとで配送され、皆様のご自宅までも冷凍便で届きます。

そのまま冷凍すれば、未開封ならば3年は状態をキープできます。 開封後も冷蔵庫または冷凍庫で保存し、新鮮なうちにお召し上がりいただきます。 どうぞ、ご自宅で使いきる最後の一滴まで、ウドズオイルブレンドの「低温圧搾法」へのこだわりを感じてください。



▲クリックで拡大します。



高温圧搾法

ウドズ・オイルの低温圧搾法の他には、「高温圧搾法」というのがあります。
オイルの採油効率を高めるため、高温で加熱してオイルを絞り取る方法です。
菜種の場合、170度に加熱して圧搾することで、60〜70%のオイルを搾りとることができます。 (低温圧搾では高温圧搾の半分以下、20〜30%のオイルしか搾りとれません)

この搾りかすに残った油までも、残すことなく素早く抽出するために考えられたのが、現代の「溶剤を使った油搾り法」です。 高温でいったん圧搾した搾りかすに、さらに溶剤を加え、残ったオイルを溶剤に溶かして抽出します。 (溶剤で抽出すると、採油効率は99%になります) さらに高温にして、溶剤だけを蒸発させ、残ったオイルを遠心分離器にかけて、風味や泡立ちに影響する成分を取り除きます。

活性白土等を使って漂白し、オイルの色をきれいにし、冷却します。 最後にもう一度、脱臭などのために250度以上の蒸気の中を通し、残ったオイルが完成品となります。 工程の途中で何度も高温にさらされるうえ、溶剤を使用することもあり、フレッシュな種子の栄養素や風味は、どうしても壊れてしまいます。 また、容器も光を通す透明なものだったり、冷蔵せず常温で販売されたりしますが、それでも長期間劣化しないように加工された油脂は、販売者にとっては都合がよいものですが、健康にとって良いものかどうか疑問が残ります。




初回限定 ウドズオイル リピーター様へ


初回ご注文特典 MSM フローエッセンス ウドズオイル フローラディクス
初回ご注文特典 対象商品 ≫ MSM パウダークリーム / フロー・エッセンス+ / ウドズオイル / フローラディクス